​MALTODEXTRIN

マルトデキストリンとは?

マルトデキストリンとはデンプンを一部分解して得られる炭水化物です。ワークアウトドリンクやカーボアップドリンクとしての使い道が挙げられます。筋タンパクの分解を防ぐ役割を担います。

飲み方や効果、ブドウ糖や粉飴との違いについても解説していきます。

​炭水化物(糖質、食物繊維)とは?

炭水化物は良質なエネルギー源となります。炭水化物は糖質と食物繊維の二種類あります。

糖質は消化吸収されエネルギーとなり、筋肉や肝臓に蓄えることもできます。一方で食物繊維は消化吸収されないものの、コレステロールを減らしたり、満腹感をもたらしたりなど数多くの役割を担います。

​糖質とは?

糖質は結合している数から単糖類・二糖類・多糖類の三つに分類されます。糖質を摂取すると血糖値が上昇し、その血糖値の上昇を抑えようとインスリンが作用し、その後に元の血糖値へと戻ります。以下にその代表的なものをまとめます。

単糖類:ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトース、マンノース

二糖類:ショ糖(スクロース)、乳糖(ラクトース)、麦芽糖(マルトース)

多糖類:デンプン

​マルトデキストリンについて

デンプンを一部分解したものをデキストリンと呼びます。その中でも、デンプンの糖化率(DE:dextrose equivalent)によって粉飴・マルトデキストリン・デキストリンの三種類に分類されます。従ってマルトデキストリンも粉飴も同じデキストリンの一種です。

大半のマルトデキストリンがトウモロコシのデンプンを分解して作られています。そのため、マルトデキストリンのマクロ栄養素は100%炭水化物になります。

​マルトデキストリンのカロリー

前述した通り、マルトデキストリンのマクロ栄養素は100%炭水化物です。そのため、マルトデキストリン1gあたり4kcalです。

通常のデンプンと比べて一部が分解済みであるとはいえ、カロリーは炭水化物と変わりません。マルトデキストリンはデンプンなどの炭水化物より消化吸収が早いものの、それらと同じ1gあたり4kcalのカロリーです。

マルトデキストリンと粉飴とブドウ糖の違いは?

デンプンの糖化率の差でマルトデキストリンと粉飴は区別されます。そしてデンプンが完全に分解されることでブドウ糖になります。糖化率はそれぞれ、デンプンが0、マルトデキストリンが10~20、粉飴が20~40、ブドウ糖が100とされています。つまり、糖化率が高いほどデンプンからブドウ糖へと分解されており、より粘度は低く甘さが増します。

すなわち、消化される速さとしてはブドウ糖>粉飴>マルトデキストリン>デンプンの順になります。しかし、小腸から体内への吸収を考える際には浸透圧が低い方が有利となります。そこでデキストリンの仲間であるマルトデキストリンや粉飴がおすすめされます。以下の項で価格についても比較しますが、マルトデキストリンが最も低価格で入手可能なので一番のおすすめです。

​マルトデキストリンの飲み方、効果

​筋トレ中にBCAAとともに

トレーニング中は筋タンパクの分解が激しくなります。そのため、トレーニング開始後に素早く吸収される糖質やアミノ酸が必要です。そこでワークアウトドリンクにはBCAAだけでなく、分解の必要が少ないマルトデキストリンをおすすめします。トレーニングを開始したら摂取しましょう。

消化の速さでは既に分解されているブドウ糖が思いつきますが、吸収の速さを考える上では浸透圧が低いマルトデキストリンがおすすめです。小腸から水分が吸収される際には浸透圧が低い方が有利となるからです。

筋トレ後のプロテインとともに

トレーニング終了直後は血流が筋肉に行くのでこのタイミングでは消化の必要のないアミノ酸の摂取がおすすめされます。

トレーニング終了から数十分後の血流が戻った段階で糖質とプロテインの摂取をしましょう。

​朝起きた後にプロテインとともに

朝起きるのが苦手で朝食を取れない方におすすめの飲み方です。身体が動いていないものの、睡眠中も身体の中では絶えず細胞が活動しています。そのため、睡眠中の栄養補給のため、そして朝起きてからの素早い栄養補給のためにプロテインとマルトデキストリンを合わせて飲むことがおすすめできます。

マルトデキストリンの副作用

トレーニングに必要なマルトデキストリン(炭水化物)でも、過剰摂取によって糖尿病の原因?

ここではマルトデキストリンの過剰摂取と副作用について解説します。

​マルトデキストリンの過剰摂取

糖尿病とは、血糖値が常に高くなっている状態をさす疾患です。インスリンが正常に機能しなくなることで発症します。というのも、炭水化物を摂取し血糖値が上昇すると、インスリンが分泌され血糖値を下げようと作用します。

マルトデキストリンや粉飴を飲むと血糖値が上昇します。そこで正常にインスリンが作用すれば糖尿病の心配はありません。これはマルトデキストリンや粉飴に限らず、あらゆる炭水化物を摂取した場合に共通して言えます。従ってマルトデキストリンや粉飴が直接の原因になることはありません。しかし、糖尿病などすでにインスリンの働きに難がある場合にはおすすめできません。

また、一日に自分が摂取しているPFCバランスを大まかにでも把握しておく必要があります。極端に炭水化物を継続的に過剰摂取してしまっていると、いくらインスリンの働きがあろうと血糖値が上昇したままになってしまう可能性もあります。

​おすすめマルトデキストリン

​BULK SPORTS

商品の説明

長時間のハードなトレーニングを最後までやり遂げるためには、炭水化物(糖質)の摂取が理想的だ。ハードワークの際に体内のエナジー源となるのが糖質であり、トレーニング強度が上がるほど多く消費されるからだ。 MDに含まれるマルトデキストリンは特殊な中鎖グルコース(糖質)ポリマー。そのユニークな分子構造はカラダに優しく、さらにエクササイズを行うアスリート用の炭水化物として適している。長時間トレーニング時には血糖値低下により集中力が低下しがちだが、MDなら不足する糖質を素早くチャージできるのが特長だ。 さらに、トレーニングの継続により糖質が不足すると、筋肉の材料となるたんぱく質をエナジー源として消費するようになる。そのため、理想のカラダづくりを行いたい方にとって糖質を常にチャージすることは重要である。ハードワークを行う方の定番カーボサプリメントとなっているのもそのためだ。同じように運動時に消費しやすい必須アミノ酸を多く含むプロテインと一緒に摂るのもおすすめだ。

​FACE
​fitness as create entertainment

トレーニングアドバイス -  栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ストレッチ

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン